九州大学社会連携推進室

  • ホームホーム
  • サイトマップサイトマップ
文字サイズ
小小
中中
大大

地域等との連携

ホーム > 地域等との連携 > その他の部局独自の取り組み

その他の部局独自の取り組み

社会連携活動の情報提供

事業代表者
(本学責任者)

所 属
農学研究院
職 名
准教授
氏 名
佐藤匡央
ふりがな
サトウマサオ
研究者情報URL/E-mail
http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K001632/index.html
masaos@agr.kyushu-u.ac.jp
連携事業の種類
連携事業名
豊かな長寿社会をめざす講演会(第6回)
連携事業実施期間
2016-03 ~ 2016-03
連携先機関等名
糸島市
学内の連携部局名
なし
実施事業の概要
全国的に寝たきり老人の人数は増加傾向にある。糸島市および中村学園大学と協力を得て、糸島市健康福祉センタ-「あごら」で講演会と健康相談会を5回開催してきた。この実績を踏まえ、この活動を含む取り組みで、糸島市を全国に先駆けて、寝たきり老人の減少についての情報の発信基地としたい。市民からの次年度の開催の要望も強く、毎回100名前後参加していただいている。今回の参加者は68名だった。講演会は2部構成となっており、1部は1名の健康および食品に関する専門家をお招きして、ご講演していただいた。2部は健康相談会を開催する。この健康相談は3つの会場を設定し、1.食生活相談会、2.体力作り相談会、3.健康相談会(骨密度測定)この三つの会場を巡ってもらいそれぞれ、個人的な相談を受けた。今回は、さらに血管年齢の測定も中村学園大学の岩本昌子教授のご厚意により測定を行った。
実施事業で得られた成果
参加者の数に比べてアンケートの回収率が低くかったが、答えていただいた方のアンケートの結果集計(添付書類4)によるとどちらの講演も満足していただいた。食生活、骨密度、動脈硬化度などのデータが得られた。これらのデータは、糸島市に帰属し、集計していただいて、この後の厚生行政に役立ててもらう。記事が地元の糸島新聞に掲載された。
今後の活動予定
本年で6年目です。次年度も同様の活動予定です。
関連ホームページ
http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/lab/nutrchem/
参考ファイル
一覧へ
ページのトップへページのトップへ