九州大学社会連携推進室

  • ホームホーム
  • サイトマップサイトマップ
文字サイズ
小小
中中
大大

地域等との連携

ホーム > 地域等との連携 > その他の部局独自の取り組み

その他の部局独自の取り組み

社会連携活動の情報提供

事業代表者
(本学責任者)

所 属
人文科学研究院
職 名
教授
氏 名
西岡宣明
ふりがな
にしおかのぶあき
研究者情報URL/E-mail
http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K000087/index.html
nishioka@lit.kyushu-u.ac.jp
連携事業の種類
連携事業名
ことばに関する臨床と教育の現場との連携による学術的・実践的貢献
連携事業実施期間
2015-04 ~ 2016-03
連携先機関等名
福岡県言語聴覚士会
学内の連携部局名
人文科学研究院
実施事業の概要
本学人文科学研究院附属言語運用総合研究センターが主体となり,ことばに関わる現場に携わる方々,特に言語聴覚士,国語教員,日本語教師を対象として,学術面からのサポートを行う。
実施事業で得られた成果
下記の3つのイベントを企画・実施した。
【1】高山倫明教授(九州大学)による講演「古語は辺境に残る?」 (対象:中高の国語教員,実施日:平成28年2月19日(金),会場:天神ビル,来場者数:61名)
【2】乾敏郎先生(追手門学院大学教授)による講演「言語・非言語コミュニケーション機能の脳内基盤」 (対象:言語聴覚士,実施日:平成28年3月5日(土)・3月6日(日),会場:九州大学病院講義棟,来場者数:延べ178名)
【3】上山あゆみ教授(九州大学)による講演「コ・ソ・アに見ることばの意味と役割」 (対象:日本語教師,実施日:平成28年3月6日(日),会場:九州大学病院講義棟,来場者数:94名)
今後の活動予定
言語聴覚士,国語教員,日本語教師の現場から本事業に対する需要は大きく,今後も事業を継続していく予定である。
関連ホームページ
http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~cslp/index.html
参考ファイル
一覧へ
ページのトップへページのトップへ