九州大学社会連携推進室

  • ホームホーム
  • サイトマップサイトマップ
文字サイズ
小小
中中
大大

科学コミュニケーション推進グループ

ホーム > 科学コミュニケーション推進グループ > イベント情報

イベント情報

◆科学コミュニケーション推進グループ設置記念公開シンポジウム
本学では、大学における科学コミュニケーション活動の意義と今後の可能性を重視し、 九州大学社会連携推進室に科学コミュニケーション推進グループ(Q-STRING)を設置しました。 この度、そのお披露目もかねて、オンライン公開シンポジウムを実施いたします。 当日は、本学OBである元村有希子氏(毎日新聞論説副委員長)から基調講演をいただきつつ、 科学コミュニケーションの本質やその効果的実践について議論します。 これをきっかけにQ-STRINGの活動へ皆様に関わっていただければと思っておりますので、奮ってご参加ください。
テーマ 九州大学×科学コミュニケーション
伝える喜び、伝わる喜び ~双方向コミュニケーションの場を造る~
日 時 2021年9月7日15:00~18:00
場 所 オンライン(事前申し込みが必要です)
日本ジョナサン・KS・チョイ文化館(完全招待制)
対 象 教員、研究者、職員、学生、一般の方
プログラム 第一部 科学コミュニケーションのある社会
 開会挨拶
  福田 晋(九州大学 理事・副学長、九州大学社会連携推進室 室長)
 科学コミュニケーション推進グループの紹介
  吉岡 瑞樹(九州大学 先端素粒子物理研究センター、Q-STRING グループ長)
 基調講演「鳥の目 虫の目 科学の目」
  元村 有希子(毎日新聞 論説副委員長)
 レクチャー「What is 科学コミュニケーション How to 科学コミュニケーション」
  小林 俊哉(九州大学 科学技術イノベーション政策教育研究センター)
第二部 伝える喜び、伝わる喜び 学内外事例紹介
 事例紹介1.「北海道大学CoSTEP」
  小林 良彦(北海道大学CoSTEP/科学コミュニケーション推進グループ アドバイザー)
 事例紹介2.「サイエンスカフェ@ふくおか」
  吉岡 瑞樹(九州大学 先端素粒子物理研究センター)
 事例紹介3.「いきものサロン」
  津守 不二夫(九州大学 工学研究院 航空宇宙工学部門)
 事例紹介4.「ゲイコウ アート&サイエンスカフェ」
  伊藤 浩史(九州大学 芸術工学研究院)
 事例紹介5.「筑紫地区地域連携推進チーム」
  金 政浩(九州大学 総合理工学研究院)
 事例紹介6.「九大生の教える科学教室 from iTOP」
  石田 匠(九州大学 工学部機械航空工学科4年)
 事例紹介7.「Quricon」
  上土井 宏太(附属図書館 学術サポート課 学習・研究支援係)
第三部 「双方向」な場を造ろう
 パネルディスカッション 「どう造る?どう話す?どう巻き込む?」
 今後のQ-STRINGの活動紹介、その活動への参画の仕方について
 閉会挨拶
申込方法 下記お申し込みフォームから参加登録を行ってください。
後日、登録いただいたメールアドレス宛に参加方法に関する詳細をお送りいたします。

参加費 無料
定 員 500名
申込締切 2021年9月6日(定員になり次第、受付を終了いたします)
主 催 九州大学社会連携推進室
運営協力 九州大学人社系協働研究・教育コモンズ
九州大学科学技術イノベーション政策教育研究センター
九州大学総合研究博物館
九州大学学術研究・産学官連携本部
九州大学筑紫地区地域連携推進チーム
技術協力 九州大学アジア遠隔医療開発センター
九州大学付属図書館付設教材開発センター
後 援 糸島市
大野城市
科学技術振興機構
九州オープンユニバーシティ
九州大学学術研究都市推進機構
九州経済調査協会
福岡市
関連データ チラシ(PDF)
ページのトップへページのトップへ